オナニー指示

僕は出会い系サイトで知り合った女性と付き合うことになりました。彼女は僕よりも年上です。大人な雰囲気がある彼女に対して好意を抱いた僕が猛アプローチして付き合うことになったのです。彼女と僕は10歳年の差があります。それでも、その年の差を気にしたことはありません。その年の差も含めて彼女の良さだと思うからです。どちらかというと僕のほうが彼女のことが好きだから気にならないのかもしれません。僕は彼女と付き合うまで女性と付き合ったことはありませんでした。彼女のおかげで女性と付き合うってこういうことなんだとわかってきたような気がします。彼女は大人なので、僕をたててくれながら困っている時は上手くリードもしてくれます。
オナ電
僕はそんな彼女に頼もしさを感じています。僕は自分に自信がないので、これまで女性と恋愛できずにいました。そんな僕に自信をつけさせてくれたのも彼女です。彼女と知り合っていなければ今の僕はいないでしょう。彼女には感謝してもしきれません。そんな完璧な彼女ですが、唯一僕が優位に立てる時があります。それは彼女にオナニー指示を出す時です。彼女にオナニー指示を出す時だけは彼女は僕に従ってくれるからです。いつもしっかりしていて隙を見せない彼女だからこそ僕のオナニー指示に従ってくれる姿はかわいくて仕方がありません。はじめは嫌がっていた彼女ですが、今では彼女のほうからお願いしてくるくらいに彼女も夢中になっています。
家出掲示板
家出掲示板